メニュー

ブログ - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

東京メンタルヘルス・スクエアblog

ユングの心理テストで知る『最高のパートナー探し』

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年05月28日(月)

 

danjo te

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」第5回目は、国広講師による「ユングの心理テストで知る『最高のパートナー探し』」でした。

心理の勉強をされた方はユングの心理類型論を聞いたことがあるかもしれません。今回は簡単な心理テストによって自分の性格傾向を知り、それを婚活に生かしてみよう、というものです。

 

心理テストは何度やってもワクワクします。結果を見て、やっぱりね、と思い当たるところがあったり、へぇそうなんだ、と意外だったり、みんなでワイワイ話し合うのは楽しいものですよね。

ユングは性格を思考、感情、感覚、直感の4つのタイプに分け、さらにそれぞれを外向、内向に分類しました。このテストによって、自分は人にどう見られているか、出来事に対してどんな気持ちになるか、どんな価値観を持っているかといった違いが浮き彫りになります。

 

しかし注意していただきたいのは、必ずしも自分と同じ性格類型の人と相性がいいという訳ではないことです。全く違う価値観の相手の方が刺激があり面白く感じることもあります。これが恋愛の難しいところなのですが・・・
ただ、自分の性格タイプを知っておくだけでも、異なる価値観を持っている人に対して寛容になれるし、過度な期待や思い込みをもたないように心がけることができるようになるのではないでしょうか。

この性格タイプは、どんな価値観を持った人といると自分は一番落ち着くのかな?と考える時のヒントになると思いました。

 

 

さて、国広講師の婚活講座の大きな魅力はというと・・・ご自身も利用したことのある結婚相談所の仕組みや活用方法をリアルに教えてもらえるということなのです。

例えば、喫煙NGにこだわるとそれだけで対象範囲を狭めてしまう。煙草なんて止めようと思えば案外簡単にできるものです。できるだけ相手に求める条件のキャパを広げて様々な人と出会うチャンスを作った方がお得だということです。
また、同じ相談所に入会していたご主人と、相談所を退会してからお付き合いが始まった経緯は、なるほどそういうものか~と興味深いエピソードでした。
相談所への入会をためらっている方は、ぜひ次の機会に貴重な情報をたくさん取りに来ていただきたいと思います。

 

実は、講師陣にはもう1人結婚相談所利用経験のある野本カウンセラーがおります。今回、野本が相談所に提出した現物のプロフィールや写真を回覧してくれ、いっきにリアル感が倍増!
どのように記入したら対象範囲を広げることができるか、どんな表現をするとウケがいいか、というテクニックも披露してくれました。
また、写真撮影のコツも教わりました。どんな場所だときれいに撮れるか?どんな服装がきれいに見えるか?笑い方は?などなど、目からウロコでした。


ぜひ知りたい、という方は次期開催予定の野本の講座にご参加くださいね。

今後も婚活支援講座では、実践的ですぐに役立つ情報を提供していきます。お楽しみに!

 

 

 

2018年5月28日
特定非営利活動法人 東京メンタルヘルス・スクエア
結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  潮田

 

 

 

 

幸せになる心と体のカップルコミュニケーション

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年04月24日(火)

 

kokoro to karada org s

 

 結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」第4回は「幸せになる心と体のカップルコミュニケーション」というテーマで開催しました。
本講座ではこれまで3回にわたって、男性脳と女性脳の違いからくるすれ違いのパターンと、それを改善するアサーションについて学んできました。今回は少し視点を変えて、結婚前のカップルにありがちな性の悩みとその対処法をテーマに、よくある事例を取り上げて皆で話し合いました。

 

セクシュアリティのカウンセリングをしていてよく聞くのが「結婚したら何とかなると思ってたんですが・・・」という言葉です。しかし交際中に抱えた不安や不満が結婚後にいきなり解消するということはまずありません。今のうちに、相手を傷つけない伝え方を工夫しながら一緒に取り組んでいく姿勢が大切だと思います。

 

今回、一般の心理講座では聞き慣れないセクシュアリティに関する用語にとまどった受講生もいたかもしれませんが、みな熱心にメモを取りながら話し合ってくださいました。
今回用意した事例は、「セックスを上手に断りたい」「性交痛がある」「彼がヘタなので改善してほしいが言いにくい」「男性機能に問題がある」「匂いが気になる」というものです。実際にこういったことで悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?
しかし初対面の男女間では話しにくいテーマでもあるので、受講生は男女に分かれて話し合っていただき、その後に全体共有をしました。


するとそこでも男女の違いがくっきりと現れてきました。


女性が「したくない時はきちんと断ればいい。でも思いやりのある伝え方になるよう心掛けることは大事」「今度の土曜日に、というように代替案を伝えればいい」という意見を出したところ、男性陣からは「でも男性の場合、今この時!という衝動がある。欲求不満が溜まると他の女性が魅力的に見えてきたり、風俗等を利用してしまうことがあるかもしれない」「最後までしないでもいいから欲求の解消を手伝ってほしい」という反論が出ました。そこまでの衝動性は女性にはなかなかわからないことなので女性一同、「へえ~!そんなものなんですね」と驚き、やはり相手の本音を知ることは大切だとつくづく感じました。

 

基本的に、体の悩みの場合は、まず原因を探り、受診や服薬などで解決できるものか確かめること、改善するためのトレーニングをすること、そしてパートナーに協力してもらうことが必要です。アサーションを使えばパートナーを傷つけずに上手に自分の意思を伝えることができるでしょう。


体と心はつながっています。「スキンシップ」と「言葉」の両輪によるコミュニケーション、両方を意識してパートナーと向き合っていくことを心掛けていただきたいと思っています。

 

今後もこの講座では体の悩みや妊活などセクシュアリティに関わるテーマを取り上げていきます。今回参加できなかった方もぜひ次の機会にお越しくださるようお待ちしております。

 

5月にも婚活支援講座を開催の予定です。ふるってご参加ください。

 

korada to kokoro

 

2018年4月23日
特定非営利活動法人 東京メンタルヘルス・スクエア
結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  潮田

 

 

 

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」~相手の心をゲットする!何れにしてもコミュニケーション~

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年03月14日(水)

kekkon

 

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」では毎月婚活にまつわるセミナーを開催しています。

3回シリーズ「相手の心をゲットする」の最終回は、「何れにしてもコミュニケーション」というテーマでした。

 

シリーズ初回は、なぜ男女の気持ちはすれ違うのか、その原因は男性脳と女性脳脳の違いにあるので、それを踏まえたコミュニケーションスキルを身につける必要があることを学びました。

そして2回目は、受容的なリスニング方法と、アサーションを使った会話術を理解した上で、グループになって失敗事例をアサーティブな会話に修正するワークを行いました。

そして最終回は、年度末の残業で不参加となった受講生もあり少人数となりましたが、皆で向かい合ってのグループワーク形式で和気あいあいと意見を出し合いました。

 

「今日は何食べる?」から始まりケンカになった事例を取り上げ、どう返答したら自分の気持ちを押し殺すことなく、かつ相手を怒らせずに円滑な会話になるのか、前回習ったアサーションを使って検討しました。

 

しかし…「自分だったらどうする?」という話になると、
「夫が洗濯物を取り込んでいなかったから、わざと嫌味を言ってやった」「メールしたよね~?と問いつめた」と口々に溢れ出て、なかなか実行できていない現実も。言うは易し、行うは難し。
仲間に入っていた講師陣やカウンセラーも反省しきりでした。

 

それでも、ちょっとしたコツを知っているのと知らないのとでは大違い。
カチンと来た時は相手を追い込まず、してほしいことをきちんと伝えることが大切です。

改めて、これからはアサーションでコミュニケーションを取っていこう!と誓い合いました。

 

また、今回は受講生が婚活体験談を披露してくださり、貴重なお話が聞けました。結婚相談所を利用したのだが、決まる時は直感でトントン拍子に決まるということで、パートナーとの出会いはやはりご縁なんだなあと思いました。

 

 

さて次回は、「心と体のコミュニケーション」というテーマで、結婚前に気をつけておきたいパートナー選びのポイントなどについてお伝えする予定です。
皆様のご参加をお待ちしています。

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  潮田

 

 

公開講座[アダルトチルドレン]~支援者として身につけておきたいこと~

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年02月20日(火)

Adult seminer1

 

 

いつもスクエアブログをご覧いただき、ありがとうございます。


本日は、人財開発局から、外部講師をお招きして開催した「公開講座[アダルトチルドレン]~支援者としてみにつけておきたいこと~」の内容をお伝えいたします。

 

当日は、収容人数30名の会場が満席の状態で、熱気あふれる状態でスタートしました。
参加者はカウンセラーや教員、看護師等、それぞれの役割は違っても、人と深く関わる仕事をされている方々です。

 

まずは、「アダルトチルドレン」や、昨今、耳にすることが多くなった「機能不全家族」の概念等、基本的なところから、とても丁寧に説明をしていただきました。

アダルトチルドレンとは、暴力や虐待、過干渉や依存症のメンバーがいる家族で育ったことで、成長しても「生きづらさ」を抱えた人をいいます。


当日、アテンド(お世話係)として参加した人財開発局のボランティアスタッフの一人は、

「講座前の予習として朝から本を読もうとしたけど、あまりにも辛くなって最後まで読めなかった」と言いました。

 

私たち支援者は、そのように苦しむ方々に何ができるか、をこの講座で詳しく学ぶことができ、これからも微力ながらお力になれれば、と思いを強くする講座でした。

 

 

当日、ご参加いただいたみなさん、そして、講師をご担当いただいた臨床心理士、IFF・CIAP相談室カウンセラー、西尾リプロセス協会認定リプロセス・カウンセラーである黒木先生へ心より御礼申し上げます。

 

東京メンタルヘルス・スクエアでは、今後もさまざまなテーマで講座を開催し、カウンセラーの自己研鑽と共に、情報提供の機会を創出していきます。


引き続き、よろしくお願いいたします。

 

人財開発局長 増田千奈津

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」~相手が何を求めているか~

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年02月13日(火)

konkatsu2

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」

第2回セミナー「相手の心をゲットする~相手が何を求めているか~」を2月9日に開催しました。

 

今回も第1回セミナーに引き続き、参加者・スタッフ全員の自己紹介からのスタート。
 
参加者、スタッフそれぞれが、いろんな経験を経て、いろいろな想いを持って、ここに参加していることが伝えられました。
 
そして、いよいよ第2回目の講座が開始。前回の男性脳、女性脳の話を少し紹介しながら、激しい夫婦喧嘩をされてきたご夫婦の事例の話へと話題が移りました。 
パートナーの率直な気持ちを表現されたとき、怒りに満ちていた気持ちが氷解され、修復へと向かっていったことを話され、自己表現することの大切さを知りました。
 
また、ラインでのコミュニケーションが難しいという受講生からの質問があり、アサーションという率直な伝え方をすることで、自分の気持ちを相手に届けることができることを学びました。
 
休憩中、受講生どうしで雑談を弾ませながら、後半の講義へ。
 
相手の気持ちが知りたくて、ついつい推測しては思い込んでいることも多いことがあり、それを『私はあなたの気持ちを推測してるんだけど~~~。』と伝えることで、それが今のホットな気持ちとなって伝わることも知りました。
 
最後は、実際にあった噛み合わなくなったカップルの会話を例にグループでの話し合い。
よくありがちな身近な事例で、これをアサーションにするにはどうしたら良いか?と活発に話し合われ、実際の会話に役に立つなと実感して終了となりました。
 
次回は3月9日(金)、「相手の心をゲットする。~何れにしてもコミュニケーション~」夫婦、恋人たちに必要なコミュニケーションとは何か、どうすればよいのかを一緒に学びたいと思います。
ぜひご参加ください。
 

結婚活動支援講座『好きな人と暮らす』 主宰講師 国広多美

 

 

 

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」~相手の心をゲットする!男性脳と女性脳~

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2018年02月01日(木)

2018年1月より新開講の婚活セミナー。

danjo now2s


初回は「相手の心をゲットする! 男性脳と女性脳」というテーマで、長年家族やカップル間の問題に取り組んできたカウンセラーの村上章子が講師を務めました。

 

当日は定員を超える13名の受講生にご参加いただきました。

お一人での参加の方もいて、最初はちょっと心細そうな様子・・・
でも講座が始まり自己紹介で受講動機を開示しあった頃から、自然と空気がほぐれてきました。

 

男性と女性は脳の使い方が違うとよく言われますが、ではどのように違うのか?
例えばそれはプレゼントをする場面で表れます。

 

danjo now3s合理的で結果を求める男性は、相手が欲しがっている物を最初に確認してから買えば喜ばれると思っています。


しかし女性はプレゼントそのものより、相手は何を考えながらそれを選んでくれたのか、買うまでの過程を重視します。
「私をイメージしてそれを選んでくれたのね」と思いたいのです。


夫自らが工夫して選んでくれたのならどんな物でも嬉しいのに、と思う女性は素直に夫のプレゼントを喜べずケンカになってしまう・・・

そんなすれ違いが、村上が過去に相談にあたった事例や、村上自身の新婚当時のエピソードを通して語られました。


特に村上の経験談は、まるでその情景が浮かぶようなリアルさで、一同思わず引き込まれてしまいました。

「男女の脳の違いはご自身にも当てはまると思いますか?」と各受講生に質問をした時には、
「確かに私も女性脳・・・」とか、「私はけっこう男性脳かも」など、様々な意見が飛び交いました。


今回の受講生はお仕事を持たれている方が多かったせいか、男性脳的思考をしている女性の割合が高かったようです。

ブレイクタイムにはお茶とお菓子で受講生同士の会話も弾み、後半には積極的な質問も出ました。


「ワガママなことばかり言うクライエントに、先生はどう対応しているんですか?」という質問には、
「Aさんはそういう気持ちがあったのね」といったんは受けとめ、
「ご主人は以前と較べて涙ぐましい努力をしてるな、と思う私がいるんですよ」
と伝えるとクライアントの胸にストンと落ちてもらえるということで、私も聞いていてとても参考になりました。

 

皆で熱く意見を出し合っていたら2時間はあっという間。
もっと聞きたい気がしましたが、続きは第2回目のお楽しみです。


次回のセミナーでは「相手が何を求めているのか」を知るコツがつかめるようになります。

 

男女の考え方に違いがあるのは仕方のないこと。
でも諦めたり我慢したりせずに、お互いをよりよく知ることができるコミュニケーション方法があるのです。

 

3回シリーズの本講座でそれをぜひとも身につけていただきたいと思います!

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  潮田

 

 「男性脳と女性脳」受講者アンケート結果

 

 

 

マインドフルネス講座を実施しました

カテゴリ: 講座のほうこく 作成日:2017年09月12日(火)

 

マインドフルネス公開講座を実施しました

9月9日(土)にマインドフルネス講座を実施しました。

20名超の方が参加し、実体験を中心に3時間マインドフルネスの世界に集中していただきました。

「3時間があっという間だった」「どうやるのかがわからなかったので、実際に体験できてよかった」「明日から試してみます」と嬉しい声をたくさんいただきました。

私も3時間の講座でなぜか心がすっきり。「今、ここに集中する」「あるがままを受け止める」って大切なことですね。

 

東京メンタルヘルス・スクエアでは定期的に皆さまの「こころ」「人間関係」にお役に立てる公開講座を実施しています。

聞いてみたい講座などがあったら、ぜひご意見をお寄せください。

 

 

mindfulness 1   

    

mindfulness 3  

 

 

 

企画・広報局長 みずぬま