メニュー

39歳からの婚活⑥ - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

恋愛から、おしどり夫婦になれるまで、あなたの【好きな人と暮らす】を全力で応援するblog

39歳からの婚活⑥

 

syorui 

 

39歳からの婚活⑥ ~プロフィールの書き方(2)~

 

 

結婚カウンセラー野本英司より

 

では次に趣向について。

 

ギャンブルはもちろんNGです!それを書く人はいないと思いますが念のため。
たぶん女性側からみてもギャンブル好きの男性は好まれないのではないでしょうか?
もしギャンブルが好きだとしてもこれも趣味同様この場では書かない方が良いです。
飲酒の方も飲めない場合は飲まないで良いと思いますが、大酒飲みだとしてもたしなむ程度としておくのがベターだと思います。

 

私が婚活している時も、飲めないか少し飲めると書いている人がほとんどで、普通と書いてあった場合は大抵大酒飲みの方でした。(男性の場合は普通でもOK)
なのでここは抑え目にしておく方がよろしいでしょう。

 

次に喫煙についてはどうでしょうか?
今のご時世、タバコの煙や臭いに対して嫌悪感を抱く方が急速に増えてますよね。
これは男女問わずです、ということはどう書けば良いかは自然とわかると思いますがいかがでしょうか?
もし喫煙をされているのであれば、早めに禁煙対策を始めましょう。

 

同じ趣向の方を希望するのであれば素直に書くのも良いですが、多くの方は良い印象にはとらえないと思います。

 

同感です!けれども難しい

 

国広:「私は、当時はすごくお酒を飲んでましたが【普通】にしてました。(笑)
そして、喫煙に関しては、正直に書いていました。
そんな私ですが、入会後の三か月間はたくさんの交際申し込みがきていました。
なぜでしょう?

(しかし、結婚したのは同じ相談所を利用していた夫と、契約期間が過ぎた3年後のことでした。)

 

大酒飲みで喫煙もしていた私と結婚してくれた今の夫は、かなり心の広い人なのだろうと沸々と感謝の気持ちが湧いてきています。
ちなみに結婚後も煙を嫌がっていた夫ですが、半年後にきっかけもあって一日2箱吸っていたタバコをあっさり止めることができました。

 

心の広い夫と暮らしていくうちに、私のなかの何かが変わってきたと思います。
結婚前にお酒の量を減らしたり、禁煙することは健康を考えて私も賛成です。
しかし、そんなに簡単にいくでしょうか?なんとも難しいところだと思います。」

 

 

野本「入会直後は申し込みが殺到すると言われています。確かに男女問わずニューフェースは気になりますからね!
私も婚活中に飲酒【普通】の方とお見合い経験があります。一人は通常お見合いではお茶にするのですが、ビールを注文していました。
暑い日だったせいもあるのか緊張をほぐす意味もあるのかお酒が好きなんだな~と感じました。私的には構わなかったのですが、違うところで難しい感じがして交際には至りませんでした。

 

またもう一人は本当はいけないのですが(相談所のルールによります)、お見合い初日の場所が居酒屋で、昼から夜まで二人でビールを飲みまくってました。
でもこれはバクチです!お互い意気投合し結婚を考えられれば良いですが、ただの酒飲み友達になってしまう可能性が高いです。
その後一緒に飲みに行ったりドライブデート等もしましたが、やはり酒飲み友達にはいいけど結婚は・・・と思うようになってしまいました。

 

ここも相手がどう感じるかが重要で、ギャンブル、飲み過ぎ、タバコ、どれもやめるのは難しいですが、「過ぎたるは及ばざるが如し」何事も行き過ぎは良くない、ここでは控えめに書き、行く行くはこれを機会に控えるかやめる努力をしてみてはどうでしょうか?」
確かに控えたりやめたりすることは大変ですが、ご自身の健康のため、相手や、生まれてくるかもしれない子供や家族の健康のため、何が大切か今一度考え決心してみてはいかがでしょうか?

 

 

人格は、変わらないところと、変えられるところがありますが、「包容力」「明るさ」「優しさ」は変えられるところです。
そして大切なので、身に付けるように努力してくだい。

特に結婚後はこの包容力が一番大切になります。
私もこのあまり持ち合わせてこなかった包容力を、現在はふり絞って結婚二年目の生活を親子3人で頑張ってます。

 

お互い違う環境で半世紀近く生活してきたわけですから、価値観は違って当たり前。
また男性と女性では思考回路も異なるので(以前マリサポ講座で行った「男性脳と女性脳」です)
結婚後はこのことでぶつかり合うことが一番多くなります。
なのでこの包容力がとても必要なんです。

 

今までの生活がより良くなることもあれば不便に感じることも多々あります。
よく話し合ってギブアンドテイク(ギブ多め)の心が大切です。

 

そして相手への希望ですが、みほさんが許容できるだけの最低ラインの条件にすると、相手からのお見合い希望が多くなります。

皆、理想は高いつもりでもないと思われているようですが、例を上げると、

①40代
②大卒
③身長170cm以上
④年収500万以上
⑤喫煙しない。

 

たったこれだけの普通に思える希望でも、それらを満たす人は40代男性全体の7%しかいないのです。

(500万以上60%、大卒30% 身長170以上60%、非喫煙65%ネット調べ)

ここに長男は嫌、地元の人、未婚者、太っている人や、髪の薄い人もNGといったら、お見合いできる確率は限りなく少なくなります。

 

また相手にも希望があります。
当然、人気の高いなら人気の高い相手を選びます。

ここは理想は低くして沢山の人と出会って、その人となりを知り合っていくのがもっとも効率が良いと思いますがどうでしょうか?

 

 

そして自己PR文ですが、ネットでググれば例文が沢山検索できます。
例えば、こういう文章

 

「 はじめまして。沢山の中から私のプロフィールをご覧いただきありがとうございます。
○○関係の会社で○○の仕事をしています。
立場的にも責任があり毎日多忙ですが、仲間にも恵まれ楽しく仕事をしています。今までは仕事が忙しいこともあり、結婚についてあまり考えていませんでしたが最近真剣に結婚したいと思うようになり登録しました。
性格はひとことで言うと温厚篤実だと思います。会話は話すのも好きですが比較的聞き上手な方だと思います。友達や同僚からは温厚で責任感が強いと言われます。
休日は家で料理や映画・ドラマ鑑賞、友人とカフェや食事をしたりとゆっくり過ごす事が多いです。

 

些細な事でも笑い合えるような方と、お互いを尊重し支え合って明るい家庭を築いていければと思っています。結婚後は家事や子育てにも積極的に参加していきたいです。
少しでも私のことを知っていただけたら嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします。」(ネットからの引用)

 

とても当たり障りなく好感のもてる文ですが、このままではあまり印象に残りません。
長文にならぬよう、自分と結婚するとこんなメリットがあるよ!
という自分をPRすること、そこに注力してください。

 

ここでのポイントは私と結婚したらどんな良いことがあるか!例えば、

 

① 笑いなら任せて下さい。
② 料理で飽きさせることはありません。
③ お金で心配はかけません。(女性もそれなりに稼いでいる場合)
④ 子育てに自信あり(保育経験豊富や助産師さん)
⑤ 介護は任せて(看護婦さんや介護福祉の方)
⑥ マッサージなら得意です(マッサージの資格や経験あり)

 

このような売りがあれば是非PRして下さい。
要は私と結婚するとどんなメリットがあるかです!

 

文章については、私の方でチェックできますので、まずはご自分のことをよりたくさん書いてみてくださいね。

 

プロフィール表を上手く作成し、そして早く結婚生活に入り新しい生活のスタートを切りましょう!

 

と言いたいところですが、ここまでも大切なことを書いてきたのですが、プロフィール表を作成する上で最も大切な項目を忘れていました。(汗)
それがプロフィール表の良し悪しの9割を占めると言っても過言ではないくらい大切なこと。
(今まで話は何だったのかと言わないでくださいね!)

 

それはあなたのお見合い写真です!

 

男性のほとんどが年齢と写真でお見合いの申し込みをするかどうか決めている!と言っても過言ではないくらいとても重要です。
年齢は変えることはできませんが、写真は悪くも良くも撮ることができます。

 

私の経験からあまり写真の重要性を理解していない人が多く居るように感じたので、次回のブログでは婚活用の写真の撮り方について参考例を上げて説明させていただきたいと思います。

 

 

2019年2月14日
特定非営利活動法人 東京メンタルヘルス・スクエア
結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  野本英司

 

コメント

 

 

 

本ブログ、および私たちの結婚活動支援講座に共感していただけたら以下の「いいね」をクリックしてもらえると嬉しいです。

Facebookから私たちの最新の活動をご案内します。