メニュー

婚活支援ブログ - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

恋愛から、おしどり夫婦になれるまで、あなたの【好きな人と暮らす】を全力で応援するblog

相性が良い相手との出会う方法~結婚条件のこだわり~

せっかくすぐそばに相性が良い相手がいるのに、その出会いをなくしてしまっていることがとても多くあります。

 

私がもっとも重要と思っている、結婚相談所での条件のつけかたについて、今回も引き続きレイブライダルのオーナー、福谷様とお話しをさせていただきました。

 

 

相性が良い相手との出会いを消している理由~結婚条件のこだわり~

 

 

 

 婚活は交際申し込みを「断られたり」「断ったり」と短期間で経験することになりますので、精神的にとても疲れます。
そして、うまくいかないことが多くなることで、婚活を諦める方も少なくないようです。

 

そういった意味でも、できるだけ早めに成婚が決まめることで、心の傷を最小限におさえたいところです。

 

結婚条件をどのくらいにしたら良いのか、また、相手の何をみて結婚を決めるのか。
私の経験の中でのアドバイスをさせていただきました。

 

今回も、腫れまぶたにてお送りしております。
よろしければ、ご覧ください。

 

2019年5月17日
特定非営利活動法人 東京メンタルヘルス・スクエア
結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」主宰講師  国広 多美

 

 

 

 

本ブログ、および私たちの結婚活動支援講座に共感していただけたら以下の「いいね」をクリックしてもらえると嬉しいです。

Facebookから私たちの最新の活動をご案内します。

 

 

 

 

結婚相談所に入会後、一年以内に婚約できる人とできない人の違い

 今回は、YouTube出演という初体験をいたしました。

 

 私って、こんな顔なのぉとか、どんだけ肥えてるねん!とか、悲しい現実に向き合いながら、皆さまのお目にさらす決心をいたしました。

どうぞ、ご覧ください。

 

結婚相談所に入会後、一年以内に婚約できる人とできない人の違い

 

 

 

 

結婚相談所のオーナーである、レイブライダルオーナーの福谷様と対談させていただきました。

対談内容は、結婚相談所に入会後、一年以内に成婚が決まる人とそうでない人の違いについてです。

 


オーナー:
主に自信がない方、ちゃんと喋れるんだろうかと思って緊張が高いかたは、2度目3度目のデートに繋がりにくいです。
相談所のシステムだと、一回お会いして次に逢いたいかどうかを決められてしまうので、一回目の第一印象がとても大事になります。

 

 

国広多美:
自信というのは、初対面がニガテなのか、それとも人との会話そのものがニガテなのかがあると思います。
初対面がニガテな方には、考え方に特徴があります。
自分が相手からどう見られているのか?と思ってしまいがちで、それが緊張感に繋がります。
逆に相手のことをよく見えていなことが多いものです。
初対面になれるカウンセラーをトレーニングをされると、初対面に対する緊張感が和らいでくると思います。

 

 

オーナー:
とても素敵な方なのに、2回目のデートまで行かれないのは残念に思っていますので、そのようなトレーニングができるといいですね。

 

 

国広多美:
シャイであることをウリにするには、「私は人見知りなので、最初はあまりしゃべれないかもしれません。」など、オープンにしてみることで、シャイであることをウリにすることができます。
シャイなのは恥ずかしいことなのではなく、自然体の自分を認めていくことなのです。
また、リラクゼーションのトレーニングも大事です。

 

婚活を通して、初対面がクリアできるとお得かなと思います。

 

次回をお楽しみに(*^_^*)

  

2019年4月5日
特定非営利活動法人 東京メンタルヘルス・スクエア
結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」主宰講師  国広 多美

 

 

 

 

本ブログ、および私たちの結婚活動支援講座に共感していただけたら以下の「いいね」をクリックしてもらえると嬉しいです。

Facebookから私たちの最新の活動をご案内します。

 

 

 

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」~相手の心をゲットする!男性脳と女性脳~

2018年1月より新開講の婚活セミナー。

danjo now2s


初回は「相手の心をゲットする! 男性脳と女性脳」というテーマで、長年家族やカップル間の問題に取り組んできたカウンセラーの村上章子が講師を務めました。

 

当日は定員を超える13名の受講生にご参加いただきました。

お一人での参加の方もいて、最初はちょっと心細そうな様子・・・
でも講座が始まり自己紹介で受講動機を開示しあった頃から、自然と空気がほぐれてきました。

 

男性と女性は脳の使い方が違うとよく言われますが、ではどのように違うのか?
例えばそれはプレゼントをする場面で表れます。

 

danjo now3s合理的で結果を求める男性は、相手が欲しがっている物を最初に確認してから買えば喜ばれると思っています。


しかし女性はプレゼントそのものより、相手は何を考えながらそれを選んでくれたのか、買うまでの過程を重視します。
「私をイメージしてそれを選んでくれたのね」と思いたいのです。


夫自らが工夫して選んでくれたのならどんな物でも嬉しいのに、と思う女性は素直に夫のプレゼントを喜べずケンカになってしまう・・・

そんなすれ違いが、村上が過去に相談にあたった事例や、村上自身の新婚当時のエピソードを通して語られました。


特に村上の経験談は、まるでその情景が浮かぶようなリアルさで、一同思わず引き込まれてしまいました。

「男女の脳の違いはご自身にも当てはまると思いますか?」と各受講生に質問をした時には、
「確かに私も女性脳・・・」とか、「私はけっこう男性脳かも」など、様々な意見が飛び交いました。


今回の受講生はお仕事を持たれている方が多かったせいか、男性脳的思考をしている女性の割合が高かったようです。

ブレイクタイムにはお茶とお菓子で受講生同士の会話も弾み、後半には積極的な質問も出ました。


「ワガママなことばかり言うクライエントに、先生はどう対応しているんですか?」という質問には、
「Aさんはそういう気持ちがあったのね」といったんは受けとめ、
「ご主人は以前と較べて涙ぐましい努力をしてるな、と思う私がいるんですよ」
と伝えるとクライアントの胸にストンと落ちてもらえるということで、私も聞いていてとても参考になりました。

 

皆で熱く意見を出し合っていたら2時間はあっという間。
もっと聞きたい気がしましたが、続きは第2回目のお楽しみです。


次回のセミナーでは「相手が何を求めているのか」を知るコツがつかめるようになります。

 

男女の考え方に違いがあるのは仕方のないこと。
でも諦めたり我慢したりせずに、お互いをよりよく知ることができるコミュニケーション方法があるのです。

 

3回シリーズの本講座でそれをぜひとも身につけていただきたいと思います!

 

結婚活動支援講座「好きな人と暮らす」講師  潮田

 

 「男性脳と女性脳」受講者アンケート結果

 

 

 

結婚活動支援講座『好きな人と暮らす』への想い

konkatsu

 

30才になったら結婚しよう!


そう心に決めてで交際を進めて婚約したことが2回ありました。でも、結婚の準備を進めていくうちに不安になり婚約を
解消してしまいました。

他に好きになって交際する人ができても、「この人との結婚生活は無理だな!」という気持ちが少しずつ強くなっていき、結婚までたどり着きません。わたしが好きになる人は、どこか信用に足らない人ばかりでうまくいかなかったのです。


結婚って、こんなに難しいことだった?

そんな訳のわからない何かに悶々とするなか、30代半ばでカウンセラーに転職をしました。

天職だと思い仕事に夢中になっていましたが、今思うと、結婚相手を探す自信を失っていることを仕事でゴマかしていたようにも思います。


カウンセラーとして、ようやく一人前になれたと思った頃には40歳になっていました。
そこでようやく、自分の幸せを一番に考えられるようになり、婚活をはじめたもののなかなかうまくいかず、イヤイヤながら勇気を出して結婚相談所に登録に行った時にはもう43歳になっていました。


「まだ、子どもは産めるかもしれない。」そんな漠然とした期待と、たくさんの人に出会えるだろうという大きな期待を持って、大金を投げ出して登録し、本格的に活動を始めました。

 

結婚相談所で婚活することが最後の手段と思っていた私にとって、婚活の大きな落とし穴に気付いたのは登録期間が終了するころで、取り戻しができないタイミングでした。


婚活には、人が気づきにくい大きな落とし穴があります。それが、結婚相談所の成婚率が低い理由だと判りました。
婚活を就活と同じような感覚で行っていると傷つき体験が増えるだけで、結果が伴わなくなってしまいます。

(この内容は講座でお話ししたいと思っています。ぜひ参加してください)

 

カウンセラーには教育分析といって、自身の成育史と向き合って改善していくスキルアップがあります。
その教育を受けるなかで、親子関係やトラウマに焦点をあてて探っていったことで結婚への不安が高かったり、信用しにくい男性を好きになる原因も理解できていきました。

 

そして40代後半の時に、心から信頼できる誠実な男性とめぐり合い結婚することができたのです。

カウンセラーとして学び続けてきた中で自分自身の理解が深まったことで、異性の見方、結婚への考え方に変化したことがこの結果につながったように思います。

 

私の20年間のカウンセラーの職歴は、男性のカウンセリングが中心でした。多くの男性のカウンセリングを経験させていただいたことで、男性心理の理解が深まりました。

他にも、離婚を経験された方のご相談から再婚する前にしておくと良い心の整理の仕方。良い出会い方をする方法、配偶者の不倫に悩むご相談もあり、共に解決の道を探らせていただきました。


このような経験を、結婚に対し不安がある方や既婚者の結婚生活の不安解消のお役に立てたい。いつしかその思いが私の中で大きく膨らんでいきました。

この気持ちを折に触れて話すうちに、徐々に同じ気持ちを持つカウンセラーが集まり、何度も何度も話し合い講座の形を作ってきました。

 

私の婚活経験の中で得た経験と知識、カウンセラーの仕事を通して理解してきたこと、この内容を講座という形でみなさんにお伝えし、結婚に対し不安がある方や既婚者の結婚生活の不安解消のお役に立ちたいと心から願い結婚活動支援講座『好きな人と暮らす』を開始します。

 

結婚活動支援講座『好きな人と暮らす』 主宰講師 国広多美