メニュー

吃音をお持ちの方のお話をこれからもお聴きしたいという気持ち - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

東京メンタルヘルス・スクエアblog

吃音をお持ちの方のお話をこれからもお聴きしたいという気持ち

カテゴリ: 吃音(どもり)への取組 作成日:2020年06月08日(月)

kumakichi2020A1954 TP V

 

 

こんにちは。
東京メンタルヘルス・スクエア 吃音チームです。

 

緊急事態宣言が解除し、この冬に始まったコロナの波は、また新しい局面を迎えていますね。

 

「吃音ホットライン」も3月からお休みさせて戴いておりますが、
私達もまた、社会の波に沿って新しいあり方を模索しつつ、再開に向けて準備を進めております。

 

表面的には動いていないこの間にも
スタッフ間では皆さんのお話をお聞きする上での心構えを
オンラインで確認したり、ブラッシュアップする時間を持ちながら過ごしていました。

 

先日も皆さんのお話をお聴きできたら … と新しくメンバーに入ってくださった方々に
私たちが大切にしている心構えの基本中の基本をお伝えしていた時のこと。

 

筆者がこの基本中の基本を伝えるのは実に1年振りのことでした。
(体調を大きく崩し1年活動をお休みさせて戴いておりました)

 

ふと … しつこいくらいに同じことを何回も何回も繰り返しお伝えしていた自分に気付き、

 

その度に、1回につき何人もの「その辛さの涙」と今まで共にしてきた記憶が蘇り、

 

しみじみと
感情を絞り出すように
熱く熱く

 

いろいろな形で出してくださり大切に受け取ってきた皆さんのお気持ちが蘇り、

今まで出会ってきたご本人達が 「それは言って欲しくなった」 フレーズを耳にしても
その場で相手に「そんなこと言わないで!」と口に出せずに、胸にギュッと仕舞い込むしかなかった想いを
代弁せずにはいられませんでした。

 

久しぶりのレクチャーの中で、自分自身の「初心」を垣間見た想いがしたひと時でした。

 

勘違いされやすいこと、
理解してもらいづらいこと

 

吃音をお持ちの方にはありますよね。

 

おひとりおひとりのストーリーをこれからも大切にお聴きしたい。
その日が早く再開されることを私達も願っています。

 

2020年6月8日

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
東京メンタルヘルス・スクエア 吃音チーム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

 

私たちの活動にご賛同いただけたら「いいね」ボタンを押してもらえると嬉しいです。